HOME>トピックス>ドライブレコーダーがあるとココが安心!運転がもっと安全になる

ドライブレコーダーがあるとココが安心!運転がもっと安全になる

ウーマン

事故が起こったときには状況を説明できる人は少ない

自動車を運転していて事故に巻き込まれた場合は、自分に責任がないことを説明しなければいけません。しかし、当事者の意見では、あまりにも主観的なため、警察もすべてを真実とは信じてくれません。それならば、事故の当事者ではなく、周りで見ていた目撃者に客観的な意見を聞こうと考えるかもしれません。しかし、目撃者も当事者と同じく人間なので、事故の状況を正確に説明できるとは限らないでしょう。もしも、事故の状況を正確に伝えたいと考えるのなら、ドライブレコーダーに記録してもらうことをおすすめします。ドライブレコーダーにはカメラがついていて、事故の始まりから終わりまでをしっかりと撮影してくれます。機械ならば主観が入ることは100パーセントないため、完璧な状況説明をおこなえるようになるでしょう。

ミニカーを持つ人

丈夫にできているので映像がちゃんと残せる

事故に巻き込まれてしまった場合は、自動車にかなりの衝撃があるため、ドライブレコーダーが破損してしまう恐れを心配するでしょう。確かに、ドライブレコーダーは精密機械なので、事故のショックで壊れてしまうケースもあります。しかし、肝心の映像を記憶してある部分は丈夫にできているため、事故にあっても証拠がなくなる可能性は低いです。どのくらい丈夫にできているのかは、商品紹介に記載されているため、心配ならばスペックを含めて確認しておきましょう。なお、ドライブレコーダーを購入するときには、運転中は常時録画している製品を購入することをおすすめします。せっかく丈夫なドライブレコーダーを取り付けるのですから、事故の現場を絶対に見逃さない製品を選ぶようにしましょう。